三大医療脱毛機器 ダイオード レーザー

約20年前と比較しても革新を遂げてきた医療脱毛機器ですが、日本で最も取り入れられている機器のうちの1つが「ダイオード レーザー」機器です。
製造元は「サイノシェア社」、「ルミナス社」と両者とも知名度が高いことで日本でも知られています。
三大医療脱毛機器 ダイオード レーザー
ダイオード レーザーの特徴は、照射されたレーザー光が、メラニン色素の黒い色に直接反応を起こすことによる脱毛効果が期待されます。
毛根部分のみに作用するので肌への負担が軽く、施術者の技術が効果に左右されることが少ないというメリットがあります。
また、産毛、軟毛にも効果が期待できる機器であることが宣伝されています。
ダイオード レーザーには、集中冷却装置が備わり、高い安全性が約束されています。照射口も広く波長の周波数を変更することができます。
とくに、色素沈着や日焼けした肌への照射による悪影響は少ないとされており、安心して施術を受けることができます。
接触照射により、使用には肌に専用ジエルを塗布する必要性があります。
もちろん痛みはほとんどは感じることなく、施術を受けることが可能です。
特筆すべきことは、ダイオード レーザーで最も有名なメーカーが「ルミナス社」で知られています。
ルミナス社のダイオード レーザーは、永久減毛装置としてFDAからも認可
されています。
以上、日本国内で利用頻度の高い三大脱毛機器、ダイオード レーザーについてのご紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です